2012年03月23日

シリア国民評議会 クルド自治権認めず

22日ルダウ紙は、クルド国民評議会(KNC)のアハマッド・スレイマンのインタビュー記事を載せている。


数ヶ月にわたる交渉でもシリア国民評議会(SNC)はクルド国民評議会(KNC)の自治権の主張を認めていない。新リーダーであるアハマッド・スレイマンは今週クルド国民評議会は諦めないとルダウ紙に語った。クルド国民評議会は反政府統一勢力に向け努力をすると述べた。

クルド人とアラブ人は、カイロ、チュニジア、アルビルでアサド政権崩壊後について会合を持った。しかしながら意見を統一することができず、シリア反政府グループはまとまりがないと非難されている。

クルド人側では、Kurdish Democratic Union Party (PYD)は未だクルド国民評議会(KNC)に加入していない。



Kurdish National Council Demands Recognition before Unity



クルド国民評議会議長はアブドゥルハキム・バシャールからアハマッド・スレイマンへ交代している。
2月24日付のアル・アラビーヤではシリア国民評議会議長と会談を持っている。
それ以降のどこかの時点で交代したと考えられる。

現状反アサド政権グループ内部ではクルド人の存在を認めるところまで行ったがそれ以降はシリアの国土分割と考えられるため進展はしていない模様だ。自治権を認めない考えはアサド政権と同じである。シリアの少数民族はクルド人だけではない。また彼らがクルド人のように自治を要求しているわけでもない。


関連記事
シリア国民評議会、クルド人の認知 - 3月3日

SNC、クルドの権利容認の方向 - アル・アラビーヤ紙2月24日チュニス、KNCアブドゥルハキム・バシャール

シリア、次の次と外国の影響 - 2月6日KNCアブドゥルハキム・バシャール、PYDムハンマド・サリーフ・ムスリム

クルド系シリア人は団結により力を増す
posted by taka at 16:12| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラク トルコとシリアを接続するハイウェイ構想を中国と協議

ブルームバーグは22日、イラクがトルコとシリアを接続する国際高速道路建設構想について中国保利集団公司と会談することに合意したと報道した。

イラク建設住宅大臣は、COWI社(デンマーク)、al-Dabbagh、政府スポークスマンと協議する予定であると述べた。

ブリティッシュ・ペトロリアムの資料によればイラクは世界第五位(含カナダ・オイルサンド)の原油埋蔵量がある。イラクは復興のために外国企業の投資を期待している。



Iraq to Talk With China’s Poly Technologies on Highway to Turkey


関連記事
フローティングターミナル、バスラで操業開始 - イラク原油埋蔵量
posted by taka at 14:12| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルザーニ、ネウルズのスピーチでマリキ首相を批判

クルディスタントリビューンによると、イラク・クルド自治区大統領はネウルーズ記念日のスピーチでイラク共和国マリキ首相を独裁者と批判した。

バルザーニ大統領は、一人の人間が、首相であり、最高指令官であり、防衛大臣であり、内務大臣であり、諜報機関長であり、国家安全保障会議議長でもあるとマリキ首相の権力集中を批判した。


Barzani and Maliki in stand-off

New War of Words Between Baghdad and Erbil

President Barzani to light Nawroz fire in Erbil

Kurdish leaders’ messages on Newroz



関連記事
対立
イラク連邦政府とクルディスタン政府の対立


ネウルーズ
米大統領、イランの電子カーテンを批判

ネウルーズで当局と衝突 - トルコ

posted by taka at 13:36| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クルドニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。