2012年04月15日

バルザーニ大統領、シリア反政府派への武器供給反対

イラク・クルド地区公式サイトで、バルザーニ大統領は、米国5日木曜日国際会議の場でシリアへの支援は武器供与で無い形で行うと発言したと発表している。


イラク・クルド自治区バルザーニ大統領は、ワシントン近東政策研究所でのスピーチで将来のシリア政府は民主的連合的な政治体制でクルド人とその他全てのシリア人の権利が守られることが重要だと話した。弾薬の供給はしないが、モラル、政治的、経済的な援助はするという。

バルザーニ大統領の発言は、ヌーリー ・マリキイラク連邦政府首相の意見とははっきりと違う。同首相は、今週、アサド政権は崩壊せずシリアの体制転覆に導くあらゆるプロセスに反対する、と発言している。

今回の訪米中に、二度オバマ米大統領に会い、バイデン副大統領にも水曜日に会い、クルドへの協力とイラク内政問題解決支援を要請している。

大統領はイラクは深刻な問題に直面していると言う。首都バグダードでは、ある一人の男が、首相であり、最高指令官であり、防衛大臣であり、内務大臣であり、諜報機関長である。最近では中央銀行総裁を権力化に置こうとしている。

また、イラクは権力分有すべきとの見解を示し、もしそれが不可能ならばクルディスタンで今後の方向性について国民投票にかける必要があると発言した。具体的な内容は示されなかったが、クルディスタンの独立と想像される。

マリキ政権はクルディスタンに与えられた石油に関する契約締結権への合意を破り、武力で全権を支配しようとしているという。イラク軍は国家の軍隊であるべきで、ある個人のものではない。

前首相のイヤード・アッラーウィーの公の場で米大統領の人選の非難をした。オバマ大統領選任であるアメリカ国家安全保障会議の職員、ブレット・マクガークをジム・ジェフリー駐イラク米大使に代えることの非難だが、これに対してバルザーニは反対したという。

アッラーウィー前首相はマクガークはマリキに近すぎると言っていた。もしアッラーウィー前首相が意見を求めたならば何も発言すべきではないと言っただろうとバルザーニは述べている。

クルディスタンに亡命中のタリク・ハシミ副大統領に関しては擁護する発言をした。副大統領はサウジアラビアに滞在しているが帰国すると約束していると述べた。


Kurdish leader: No to arming the Syrian opposition


この文章を見るとイラク共和国政府はシリア・アサド政権支持派である。米国滞在中のためかバルザーニの発言はシリアクルドの連邦制移行支援といったところまでのものでは無い。現在のシリア反政府派の意見が集約されないのはそれぞれの主張がありそれが権利として認められないからである。バルザーニの言う「全てのシリア人の権利」は言語明瞭であっても意味を成さないことになる。更にトルコが反アサド勢力に近くなるほど、クルド人の地方自治より前の段階の憲法へのクルド人の存在明記すら難しくなる。資金援助にしても直接武器を渡さないと言っているに過ぎない。ただしシリアのクルド側は武力闘争には積極的でない。

今回、バルザーニ大統領のマリキ首相批判にイラク共和国中央銀行総裁への影響力行使が加わった模様だ。


関連記事
権力集中批判
バルザーニ、ネウルズのスピーチでマリキ首相を批判
3.21


タリク・ハシミ副大統領
パイプライン爆発するも輸出に問題なし - 対シリア強硬姿勢グループ カタール、サウジアラビア、トルコ

逃亡中のイラク副大統領タリク・ハシミ氏、イスタンブルに到着


クルド系シリア人
シリア問題、アルビルで会議 - サッカー場
posted by taka at 16:45| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クルドニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。