2012年03月27日

イスラエル クルディスタン基地からイランに諜報活動

26日トルコのヒュリエット紙によると、イスラエルはイラク北部のクルディスタンから境界線越しに諜報活動を行っている。


サンデータイムズは、イスラエルがイランの核弾頭配備をしようとする決定的証拠をつかもうとして諜報活動を実行していると伝えた。

複数の西側の情報筋によるとイスラエルは放射能とマグニチュードを計測する計器を使用していた。実働部隊に関しては、ブラックホーク・ヘリコプターで奇襲部隊を運びイラン軍とその軍用車両に偽装していた。

イスラエルは数年間同地区で諜報活動を実行していたという。

Hurriyet
Report: Israel using N Iraq base for spying on Iran

Haaretz
Report: Israeli teams monitor Iran's nuclear program on the ground

Haaretz
Sunday Times: Mossad agents behind Iran scientist assassination


イランの科学者、モスタファ・アフマディローシャン暗殺事件に関する背景である。イラク・クルディスタンとイスラエルの関係は既に記事になっている。前回はフランス紙に記者のブログという形で掲載され、今回は英国紙の日曜版に掲載された。クルド自治区側からはコメントは出ていない。また、施設も継続して利用している可能性は考えられる。

関連記事
モサドの対イラン工作、イラク・クルディスタンで強化

posted by taka at 15:01| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クルドニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。