2012年03月23日

バチカン、武装グループがシリア・ホムスでキリスト教徒民族浄化と非難

22日シリア国営通信はヴァチカンの通信社の記事を載せている。

シリア正教会からの手紙によると、武装グループはホムスで90パーセントのキリスト教徒を追放し、彼らの財産を没収し、更に身の回りのものを持って出る機会も与えなかったという。

武装集団はアルカイーダ系、ワッハーブ派集団、リビアやイラクから来た傭兵であるという。


イランのテヘランタイムズは3月12日、ホムスの虐殺に関してシリア情報大臣がサウジアラビアとカタールを武装テロリストの援助をしている件で非難していることを伝えている。


Vatican's Agenzia Fedis: Armed Groups Affiliated with al-Qaeda Carrying Out Ethnic Cleansing of Christians in Homs

ASIA/SYRIA - Abuse of the opposition forces, "ethnic cleansing" of Christians in Homs, where Jesuits remains


Syria blames terrorist gangs for Homs massacre


アルジャジーラは湾岸諸国の一つカタールにあるメディアある。


現在クルディスタンの庇護を受けているイラク共和国タリク・ハシミ副大統領はイラクキリスト教徒の将来が危ういことを予測したが、シリアでも同様政治の混乱によりキリスト教徒には厳しい状況となっている。


関連記事
シリアキリスト教徒、アッシリア人 - キリスト教徒の居場所

バアス党国家民主化の未来とキリスト教徒の運命

キリスト教徒はアサド・バアス党を支持する - スンニ派イスラムベルト

イラク副大統領、国内キリスト教徒の将来は厳しいと語る - キリスト教徒国外退避
posted by taka at 18:18| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クルドニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。