2012年03月01日

イランのエネルギー輸出計画

イランは近隣イスラム諸国にエネルギーを輸出する。

テヘランタイムズなどによると、イランは電力をシリアとレバノンにイラク経由で輸出する。300メガワットをイラクに、その内の50メガワットをシリアとレバノンに供給される予定があることを明かした。

今年のイラン会計年度ではエネルギー輸出量が10億ドルに達する見込みである。

イランは近隣諸国のアフガニスタン、パキスタン、イラク、トルコ、アルメニア、アゼルバイジャン、トルクメニスタンへの電力供給網がある。

また、メヘル通信は、アラブ首長国連邦、カタール、オマーンへ海底ケーブル経由で20億ドル分までの電力を供給する計画があるを伝えている。


Iranian envoy: Lebanon can buy electricity from Syria in two months

Iran to supply electricity to Syria and Lebanon via Iraq

UAE, Qatar, Oman to buy $2b electricity from Iran

Jordan raising electricity rates after gas cutoff

Gas stations around Egypt report fuel shortage



イランはシリアに関してロシアや中国寄りで欧米寄りの湾岸諸国と反対の立場をとっている。又、イランに対する経済制裁では湾岸アラブ諸国が多大な被害を蒙る。しかしながら経済的結び付きは切れない。中東諸国で混乱が発生しても様々なルートでエネルギー/資源が迂回される。



関連記事

海峡封鎖危機と原油輸送

アゼルバイジャンにとっての悪の枢軸

イラク、非常時と平時

ホルムズ海峡封鎖危機とイラク内政問題



エジプト

ダナ・ガス、利益急上昇 - エジプトの政情不安

ダナガスのスクーク債利回り再び記録に迫る - エジプト権益売却計画
posted by taka at 00:00| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クルドニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。