2012年02月20日

クルド共和国独立宣言の日

イラク・クルド自治区が独立宣言

2月7日パン・アルメニアンで掲載された記事では、イラク・クルド自治区のバルザーニ大統領が独立宣言をするという話だ。タイミングはクルド人の新年祭の日、3月21日だ。

アルメニア側の視点で描かれており、クルド人が勢力を拡大しアルメニアの領土も危険に晒されるとなっている。クルド人の大義は大迷惑である。弱小国にシワ寄せが来ると感じているのだろう。

現時点でイラク・クルディスタンが周辺4カ国、トルコ、イラン、イラク、シリアを同時に敵に回して戦うことは考えにくいことである。不思議なことにこれは、クルド人自身がパラノイア的に自分たちは周辺4カ国の謀議のため独立できないのだという話の裏返しになっている。現在はシリアとイランの2カ国が個別に悪者になっているだけだ。



より近い将来にありうるものは、イラク・クルディスタンではなく、シリアでだろう。もちろん国家独立宣言ではない。かねて要求している連邦制だ。シリアでは現状からして今年のノウルーズは無いだろうという予想があるが、このゴタゴタを利用して自治宣言をすることも考えられる。これはいわゆるサプライズに相当する。

計画にあるシリアクルドの自治政府宣言が上記のように直近でなく、現状からしてアサド政権崩壊後か更にシリア新政権との対立後かに発せられると考えられる。

その自治政府・連邦制のノウハウはイラククルドが持っておりシリアクルドに教えることは十分可能だ。つまりシリアクルドは既にイラククルドに従属する関係になっている。天国に着いたと思ったらまた政治が始まる。

話の中にイラクのキルクークの帰属問題が出ていたがそれは原油の入り口であり出口は現在トルコのジェイハンになっている。トルコを通らないパイプラインができればトルコに対して強い姿勢に出られる。


これはクルドの視点であり手の内が明らかな状況では大国の助けが無い限り阻止される可能性は十分あり得る。



Kurds resolute to blow up Middle East by declaring independence
February 7, 2012


Asharq al-Awsat: Kurds of Northern Iraq may declare independence
November 30, 2011 - 16:31 AMT


関連記事

トルクメン系政党、次期内閣で大臣の椅子を所望 - トルクメンが想定する地域

イラク・クルディスタン地域の将来性

ホルムズ海峡封鎖危機とイラク内政問題 - トルコのジェイハンへ

シリア、次の次と外国の影響 - イギリス、フランス、米国
posted by taka at 15:10| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クルドニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。