2012年02月19日

イラクのハシミ副大統領、アル・アラビーヤでインタビュー

17日アル・アラビーヤとのインタビューで、イラクのハシミ副大統領はテロ容疑を否定し、必要ならば亡命すると発言した。

16人のボディーガードが捕まりテロを自白し、副大統領に逮捕状が出された。副大統領は容疑を否認しイラク・クルド自治区に逃げ込んだ。

1月下旬にクルド自治区政府に近い関係者は副大統領が消息不明であると伝え、別の消息筋は現在トルコかイランに亡命するか議論しているとも言う。1月にトルコ外務大臣はもし亡命して来たとしても追い払うことはしないが、イラクに留まるべきだと言った。




Iraqi VP Hashimi denies any involvement in 150 terrorist operations
Friday, 17 February 2012



イラク共和国は連邦共和制国家であるが、一般の欧米のそれとは違い、イラククルド自治区にはより強い権限が与えられており国家内国家に近い状態で、副大統領は実質亡命状態でイラク中央政府が手出しできない。



アル・アラビーヤは、サウジアラビアが所有するテレビニュースである。

関連記事
ハシミ副大統領、行方不明か

ハシミ副大統領、国際刑事裁判所管轄事項非適用対象か
posted by taka at 16:28| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クルドニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。