2012年01月19日

アラブ連盟のオブザーバー、シリア・クルド地区を訪問

クルド紙ルダウは、17日、アラブ連盟のオブザーバーはシリアのクルド地区で歓待を受けたと伝えている。

イラク・クルド地区のアルビルで発表された記事では、アラブ連盟のオブザーバーはシリアのクルド人地区をいくつか訪れたが、現政権に抗議をする人間と出会えたのはアムダでだけであった。シリアの情報機関はアサド政権支持者の地区のみにオブザーバーを案内したとされている。

カーミシュリーでデモが組織されオブザーバーが来ることを期待されたが政権側は静かなクリスチャン地区に案内した。

アムダは、シリア東北部にあるハサーカ県にある都市である。規模としてはハサーカ、カーミシュリーに次ぐ。ハサカ県は地図での形は、アフリカの角の先端を成すソマリアのイメージに似る。クルド地区にあるハサカは、複数の民族・宗教が混在している県都である。カーミシュリーはクルドの実質的な首都である。


Arab Observers Receive Hero’s Welcome In Syrian Kurdish City

関連記事
カタール、シリアに軍事介入をアラブ諸国に提案か

シリアのクルド勢力、反体制派グループにも不信感

ハンガリーMOL社格付け、フィッチ社の同国国債格下げに影響されず
posted by taka at 01:11| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クルドニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。